FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米とは仲良くしなきゃ…

.09 2011 雑学コラム comment(-) trackback(-)
どっちかと言うと政権が変わって基地問題で大きく騒がしてしまった日本側であったんですが、このような現れのない偏見の持ち主がアメリカ政府の対立とする日本政策の責任者であったものであるとは、私たちも驚きを隠せたものではありません。…そのアメリカ国務省によるケビンメア日本部長が大学生を相手にした講義だったんですが、沖縄の人々は『ゆすりの名人…』など発言している事が解りました。このメア氏って言うのは職業外交官って言う職務であって日本での勤務は大変長いものです。2006年から在沖縄総領事も務められてきた存在です。その間なんですがこれほど差別的な沖縄理解しか持ち得なかったと言う事であるんでしたらこの日本部長はいったい何を見て経験してきたものなのでしょうか…。共同通信の取材に対して学生の記録は、正確でもないし完全でもない…って言う形で語られました。ですがアメリカ軍による普天間飛行場は、特別な危険には感じない。…って言う見解は沖縄在勤当時も公言しており、物議を示したものでしょう。一連発言は日本部長の本音と言うものに違いはないでしょう。…また講義では学生に対して日本人の建前と本音…による使い分けに注意をして行きながら、沖縄の人々は普天間が世界で最も危険な基地だと主張していますが、これらが事実でない事を知っています…。って事も語っています。しかしこれがどのような意味合いがあってこのような事を断定出来るものなんでしょうか。
日米の首脳が普天間基地返還で合意したのは96年でしたが、住宅地のど真ん中にある危険な基地がひよっとすると住民を巻き添えしてしまう事故があったとすれば、沖縄の反基地感情に大きな火をつけるものとなります。日米安保体制をゆるがしかねないと言う強い危機感と言うものでなかったんでしょうか。…2003年なんですが、アメリカのラムズフェルド国防長官も事故が起きない方が不思議だ。…移設促進を指示しているのです。
沖縄県議会は昨日、発言撤回と謝罪を求めた決議を可決しました。那覇市議会による抗議決議には、発言は沖縄を植民地扱いしていると言う文言が盛り込まれていました。もちろん反発を意味しています。
メア氏は辺野古移設の日本とアメリカとの合意を実現して行く為、政府は沖縄県知事に対して、お金が欲しいんだったらサインしろっ…って迫るべきと言う事も話されているようです。だとすると振興策と引き換えに過重な基地負担を引き受ける事はしないと言う事で…、政権交代を実現した一昨年による総選挙以降すっかり定着した沖縄民意を見誤ってるだけではありません。…このままでは県民だけではなくて日本国民にまで感情を傷をつけたものとなるのではないんでしょうか。そのアメリカ政府は真摯に受け止めて謝罪をされました。発言が助長していくものの対アメリカ不信をぬぐい去る事なしにただ安易に乗り上げる移設問題の出口を見つけて行くって言う事は大変難しいものになると考えられます。しかしメア氏と接近した日本政府の担当者は、認識を正していく機会は出来なかったんでしょうか。沖縄、日本への的確な理解をアメリカ側に示して行く事が政府責任のように思えます。
しかし日本の外務省代表が本日着任するものとなりましたが、こう言ったいきなりの重体な問題に取り組む姿勢となりましたが、野党の反発ばかりの意見問題と言うよりどのようにして解決して行ったら良いのかを是非意見を出して頂きたいものです。政権を取るだけでなく今日本が置かれている立場と言うものを真剣に考えて頂きたいと思っています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。