FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泥沼化していく政権…そして先の全く見えない野党…に><…

.08 2011 雑学コラム comment(-) trackback(-)
まさかこのような事態である…って事思ってもいなかったでしょうね。与党政権がいよいよ泥沼化してしまい『出るに出られない…』って言う状況でしょうか。『予算関連法案成立』のメドも立たない所に、与党には重要人物とされる前原外相による辞任です。今本当に肝心な『外交問題』にこんな事件になってしまったとは党内では大変な事態となっているものでしょう。本当に真摯に受け止めて頂かないといけません。改めて政権の立て直しに努めて頂かないとなりません。そして野党も伴っている『同じ言葉』をどうして繰り返して行く結果となるんでしょうか。今回の『政治とカネ』による問題で不信を招いたものの謝罪をきっちりされました。そして法律が禁じている在日外国人からによった献金受領は外務省である事の認識とわきの甘さって言うものを批判されても仕方がありません。ですが献金事態と言うよりは職に留まった国政課題が滞ってしまう事を避けるって言う意味合いを重く考慮しての身の処置だったのかも知れません。…ですが反対に辞任の意向を見せなかった場合なのですが、野党などは参院に前原氏による『問責決議案』を提出していく構えを出していました。予算案による審議の中、問責可決、国会が止まってしまう事だけはやめてもらわなければいけなかったものでしょう。そんな状況を作っていたのには違いはありません…。ねじれ国会の中、参院で多数を握っている野党なのですが『法案』と『閣僚』による進退にまで左右出来ている調子であるんですが、これは正直私たち国民がどのような判断をとっているのか。って言うものを是非覚えて頂きたい。~これまで野党政権の時代住みやすい日本…として掲げてきましたが、首相も変わって政権交代と言う私たちの指示も出来ました。…しかし私たちの生活には全く変わらない!!って状況です。現在の状況を踏まえると『野党に…』って本当に国民が指示しているんでしょうか。与党に反対…する理由と、これからの政策と言うものが全く示されておられません。どこをどのようにして行く事…事態が国民の私たちには見えてこない結果ではないんでしょうか。~『批判』ばかりと言うのは本当に私たちも政治としての生き方にはガッカリです。
そしてこの事件に関して前原氏が辞任されるものとなりましたが、これまでの野党はいかがなものだったんでしょうか。ここでも『同じ言葉』を掲げているものであるものだと私は思います。…
本当に法に触れた擦り付け合いのようで私たちは残念でなりません。
これも当面の標的になっているんですが『主婦年金問題…』に批判を浴びている厚生相です。
ここまで来てしまうと国民一人一人の暮らしの危機を感じてしまうものです。
また野党が目先の『衆院解散』を第一として狙っている訳ですが、予算案、関連法案…修正協議に応じてませんね。いずれも『政府機能の停止。』『金利上昇の危機。』と言う現実は間違いなく起きてくる状態であると思えます。そして事による軽重を問わないで政争を具体的なものとなるでしょう。攻撃と報復欧州なものです。
こんなものでは政策実施には望んで良いものとしてはいいものでしょうか。
政権を追い込んでは必ず『野党の勝利』と言うものでは盤石と言うものでしょう。しかし本当に『発想転換…』って言うものがないんでしょうか。社会保障と税金の一体改革を含んだ多くの懸案をどっちもが協議を通じて解決していく方向であるのならもっと積極的になって身を引く…なんて事は辞めて戦っていくべきではないんでしょうか。
しかしこれでは本当に私たち国のリーダーとして任せて行くのに応援出来ないものであります。
4月に選挙もあります。街の候補者を見ると私たちより何十年も若いフレッシュの青年が立ちあがってくれています♪。凄く新鮮で私も応援してあげたくなってお話も伺ったりしています。
そんな彼らがこの日本を引っ張っていくに連れて、このような先輩方の閣僚さん方本当にしっかりせんかい!!って
怒鳴りたい位の私たち有権者でもあります。
『僕がやる。…』『私がやらんと…』言う若い声が本当に嬉しい言葉やと思っています。
新しい世代に向けての政権と政治を『恥にならないよう…』是非心がけてほしい有権者の一人としての意見でいっぱいです♪。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。