FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相撲なくなってしまうですか…

.07 2011 雑学コラム comment(-) trackback(-)
年次有給休暇として私は病院通い…高血圧による検査の為に毎日通う事になりました。検査入院まで必要かも…
と言われたんですが、もしそうなったとしたらどうやって過ごそうって考えてしまいます。
最近私もNHKを見る機会も多くなったんですが、NHKと言えば『大相撲』でしょう。
年配の方々もすごく楽しみにしているようだったんですが、相撲の八百長事件によりどんどんこの問題が
大きくなりました。浪速の街に本場所の始まりを告げる太鼓がなんと今年は聞けなくなってしまうんです。
そうです3月場所が中止となったんです。日本相撲協会も開催は困難であると判断されたようなのです。
角界は本場所も最も大事であり、戦時中も途絶えしなかったものでした。そして土俵も守り抜いてきました。
不祥事による中止は初めてとなるでしょう。これが今までの歴史に泥を塗るようなものでしょう。
相撲協会の特別調査委員会は3日間かけて関与がうちが割れる力士らおよそ14人に事情聴取をしたようです。しかし八百長の深い闇に光を当てるのは容易と言うものではなかったでしょう。
相撲協会が手掛けていた青写真ですが、力士らの処分を発表した上で春場所は開催していくようにされていました。しかしその認識は甘すぎるものでした。理事長は記者会見にて謝っても謝りきれない…。しかしこの後によるお話が実はそうなるんでしょうか。ウミを完全に出し切って行くまでは土俵上で相撲はお見せ出来ない…って言われています。
調査委員会はおよそ14人に携帯電話や過去の通信記録から預金通帳など提出を求めました。今日からですが十両以上の力士全員への事情聴取を始めます。納得できる調査内容を公表しない限り5月場所の開催さえおぼつかないものでしょう。
八百長は昔からあったんです。多い意見としてはそうした声が聞かれています。だが相撲のすべてをおとしめてはなりません。大相撲って言うのは神事として始まりました。そのような歴史から様式美を含めた伝統的芸能的による要素も愛されてきました。相手が勝ち越せるかどうかと言った瀬戸際にある時、手を緩める事を『人情相撲』と呼ぶなど、一種独特な角界の『空気』も含めて大相撲だと受け止めてきた向きもありました。人情相撲として題材にしてきた落語、神祇、歌舞伎まであるのです。
しかし歴史的な経緯とは別にして、アマ相撲が純然たる競技として学生、社会人のトップが挑戦出来るものとして大相撲が存在するようになりました。伝統芸能とスポーツの要素を併せ持つ特異な存在が大相撲と言えるんですが、相撲競技の頂点でもあるのだからやはりこのような八百長はとんでもないものです。こんなもんやで…って決して捨てられる結果ではありません。忘れてはいけないのが欧州などからの力士も多いんです。日本情緒豊かな競技として海外でも人気あるって事は絶対忘れてはなりません。
八百長での関与を認めた竹縄親方はお囃子の名手としても知られました。相撲のよき伝統の一つを担いながら一方で土俵を汚していたと言う事実は何とも寂しいものです。
このような事態となると大相撲の存在が危機ともなるでしょう。伝統のあった部分をぬぐい去り今までにあった舞台としての誇りをどう取り戻して行くのか。角界として全ての人たちにそのような事が問われています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。