FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型インフルエンザ…

.24 2011 雑学コラム comment(-) trackback(-)
実は今年インフルエンザの注射していません。『予防』なだけに最近歳とともに熱でかかってしまえば、重病説とまで言われるぐらいの年齢にまでなっている♪…自分で認めているんです。
でも私も知っておかなければいけない怖さを改めて感じなければいけません。
本当に、世界で大流行している鶏インフルエンザ、また豚インフルエンザH1N1がこの冬にも再び流行するものとなりました。
乾燥してくると本当に要注意だそうです。ウイルス性による重い肺炎を起こして行く性質は全然変わらないんですが、多くの人たちが免疫って言うものがないんです。その怖さは前回の流行とあんまり変わらないんですが、日本での死者が少なかったと言うものであり、警戒心が薄れてしまったものでしょう。
これがまた必要がないんですが修学旅行を中止となってしまうような過剰な反応をする事はしなくても良いでしょう。しかし過去に新型ウイルスが次の年に猛威をふるつた例もあるんです。神戸もまた新たなものになるかもしれないんで、充分な警戒を作っていかなければなりません。
新聞を拝見しました国立感染症研究所調査によると、インフルエンザによる感染症は1月に入って毎週倍増しており、今月半ば全国にて注意報レベルにまで超えたんです。推計では今月の16日までの1週間に全国でおよそ78万人が受診しました。検出されたウイルスのおよそ9割は新型です。患者のほとんどは新型であると見られています。
最近本当に目立っていそうな厄を過ぎる40歳辺りがインフルエンザにかかっている姿も見受けられます。またおよそその6割が新型インフルエンザに感染して抗体が出来たものだと見られています。また30代でも免疫のない年代でも感染が拡大しています。
普段の季節性によるインフルエンザは高齢者、乳幼児で重症化になる事が多いんですが、新型は30歳から50歳で死者が目立って行くというような特徴がありました。30歳代でとくに病気こそない女性が死亡している話を伺えます。じびょうのある人など私たちももちろんなのですが、健康だと言われている方でも本当に油断はしてはなりません。
新型に続いて多いのが子供に脳症を起こしやすいA香港かH3N2です。大きな流行は最近なかったんですが、大人でも免疫が低下している可能性も考えられます。高齢者も気をつけて頂きたいです。
この1月から3月…神戸ではインフルエンザ患者が出た話で、一気に町は緊迫ムードでマスクも皆さんしていた時代がありました予防と早めの手当て…を皆さん個転がれましょう。手洗いでウイルスなどが入らないように
そしてちょっとの事でも咳は、『マスク』は必要かもしれません。
病院でも見かけるようになったんですがワクチンが、高齢者と乳幼児は『肺炎球菌』のワクチンしている所があります。
充分に気をつけて乗り越えましょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。