FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府は国民の声を聞くべし…~尖閣諸島映像流出事件

.11 2010 未分類 comment(-) trackback(-)
全国的に大きな騒ぎにもなった尖閣諸島による中国漁船による映像流出が大変な事となりました。そして自分が流出させました…って神戸海上保安官が上司に申し出をして、捜査当局は国家公務員法違反による疑いで取り調べを行っています。
ビデオによる取扱を巡ってなのですが、理解をされている方ももちろん声もあるんですが、私たちも頭を抱え指す話ですが『なぜ非公開であるの?。』公開出来なかった理由がどこにあったのかを知りたいものです。そして日本の領土たるものなのに簡単に政府は船長を釈放させてきた意味がいったい何だったのかを問い詰めなければなりません。
もちろんその流出に対して外交関係を踏まえた政府の高度な判断を一職員が独自の考えで無意味なものにしてしまっては行政は立ち行かないものとなるでしょう。まだ供述に関しては断方しか伝えられていません。詳しい経緯、動機、背後関係などもはっきりしていません。この問題の映像が刑事罰を科してまで守るべき秘密があるんですか???って事です。捜査に関しても冷静に行かなければなりません。
政府が保有している秘密し主権者としてそのような情報による本来の所有者である国民との関係をどのようにして考えていくかと言う事です。それまで議論されてきた問題でもあるんですが、これは誰もが利用できる時代なのではないんでしょうか。局面は大きく変わりましたよね。
これまでは社会情報を発信していく力は少数によるマスメディアにはほぼ限定されていました。メディアが『表現の自由』憲法にもありましたね。報道の自由を主張出来るのは国民の『知る権利…』に奉仕して民主主義社会を発展させるためとされて、その裏返しとしてメディアも相応による責務を負いました。
情報の『真実』『偽物』に迫り、報道に値していく内容と性格を備えたものかどうかを見極めます。世の中に認められる取材手段をとって情報源を守っていくのが先でしょう。時の政権からの批判は言うまでもないんですが、刑事上、民事上全ての責任を引き受けなければなりません。
しかしネットによる発達によりマスメディアが発信を独占していく状況は崩れてきました。
情報が拡大して流通して行きましたがそれに基づいて国民が討論して決定していく機会をもっと作らなければなりません。そんな積極的な側面がある一方で一人の行動によって社会の安全、国民の生命、財産が危機になっていくにしかねません。困難な時代に私たちは生きているものでしょう。
この状況で国民一人一人が自分の問題として認識して政府が持っている膨大な情報をどこまで公開して良いものなのか。どこを秘密にしなければならないのか。発信していく側はどんな責任を負うものでしょうか。絶えざる議論が必要になってきます。
本当に国民に秘密にしなければいけなかったものなのでしょうか。国民が利益と損失を測ってそのつど判断していくしかありません。秘密に傾いた政治権力、官僚機構と公開を求めて行く国民との間に緊張をはらむ攻防がこれまでにも生じている事となるでしょう。
その鬩ぎ合いの中でも情報出来る限り公にして議論して行くことが民主主義を強化していく方向を社会に共有していかなければなりません。
この事件に関して神戸市内は様々なネット掲示板には、『何ら避難されるものではない…』『逮捕するべきではない…』『命がけでの行動に敬意を表する…』『即時釈放を求める…』
確かに日本領土に中国船長が逮捕されたのにあんなに簡単に『釈放』される意味はいったい何だったのか。
今はとにかく確実に『日本政府』に対する不満が大きな拡大を見せています。
情報管理もそうですが、今の『日本政府』に関する不満を把握してもらわないと、民主党と言うプライドが私は
国民の的にまでなってしかねないと…私はそう考えます。…そして外交がいったいどうなっていくのかは、
国民もバカじゃないんで理解はされている事だと思います。
私も表現の自由にしていますが、本当の声を政府に伝えなければなりませんよ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。